池江璃花子が白血病であると報告。復帰や今後の予定は

競泳やCM出演など、現在大活躍中の池江璃花子さん。

そんな池江璃花子さんですが2019年2月12日、

ツイッターアカウントにて、白血病と診断されたと報告がありました。

復帰や今後の予定はどうなるのでしょうか。

池江璃花子さんがツイッターにて白血病であると報告

衝撃的な内容ですが、報告内容はツイッターにありますように、

オーストラリアで体調不良であったため緊急帰国し、

検査を受けた結果「白血病」であると診断されたそうです。

 

御本人もまだ混乱しているとのことで、

ファンの方のみならずは日本中が驚いていることと思います。

池江璃花子さんの報告にありますように、

白血病はしっかり治療すれば完治する病気とのことです。

 

ツイッターやツイッターの画像を見れない方もいるかと思いますので、以下に報告の全文を記載します。

池江璃花子の報告全文

応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

白血病と診断された池江璃花子さん。今後の予定は

現状、日本選手権は欠場となるそうです。

今は休養し、治療に専念されるとのこと。

 

さらに強くなった姿を見せられるよう頑張ると書いてくださっている池江璃花子さん。

何より池江璃花子さんが元気に復帰できるように願うばかりです。

2019年2月12日16時から日本水泳連盟が会見予定。それまでの報道。

白血病は血液細胞のタネが不具合をきたす病気。

急性白血病であれば1周間などで調子が悪くなるそうです。

白血球・赤血球・血小板が作れないと免疫が下がるなど具合が悪くなる。

急性白血病であっても半年は治療期間として必要。

治療期間は抗がん剤により異なる。白血病のタイプのよっては骨髄移植も。

多くは入退院を繰り返し数ヶ月かけて治療する。

若くても発症する。

年齢によって発症しやすい型がある。

慢性であれば飲み薬で「キープ」する治療方針も。

 

2019年1月18日からオーストラリアの合宿がスタートしていた。

1月半ばの「調子が上がらない」は貧血が原因か。

日本水泳連盟による会見内容

日本水泳連盟会見の内容です。

【経緯】

1月18日から2月10日までオーストラリアのゴールドコーストにて合宿予定であった。

2月8日に帰国。

現在、池江璃花子選手は入院中。

早期の発見ができた。

今後は医師と相談。

オリンピックに間に合うか、復帰はいつになるかは今後報告するとのこと。

 

合宿で肩で呼吸をする様子があった。

ゴールドコーストの日本人医療センターで検査し、

すぐに帰国するよう診断された。

 

池江璃花子さんは以前と変わりなく、診断以降も病気の立ち向かう姿勢が見られるとのこと。

オリンピック選考会に立てるよう、温かくサポートしていくそうです。

 

【質問】

①詳細な診断名は?

白血病であるとしか現状いえない。急性、慢性は不明 。

詳細は時間がかかる。

 

②直近の様子は?

2週目の後半からしんどそうであった。

肩で息をする様子があった。

2月4日に現地の病院に行く判断をした。

 

合宿中はいい記録ではなかった。

公私共に疲れていた。

 

③体調不調はいつから

オーストラリアでのトレーニング中。

 

④練習中以外は体調不良であったのか?

体調不良なし。トレーニング中のみ体調不良であった。

病気に立ち向かって必ず勝つんだという様子。

 

⑤診断直後のリアクションは

日本では血液検査をした。

検査したその日に診断内容が分かり、父兄に話した。

病名は衝撃的だったと思う。

 

⑥何か変化はあったか

まさか池江がこのような病名を言われるとは考えてなかった。

池江選手本人も相当ショックだったと思う。

 

⑦池江さんと公表にあたり話したこと

近々コナミオープンがある。

合宿は選手の強化に有効であるため帰国の判断は迷った。早めに帰国してよかった。

包み隠さず公表することを話した。

池江璃花子さんが診断された白血病とは

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。
日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ)。
白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

出典:https://ganclass.jp/kind/cml/what/

白血病の治療方法

慢性骨髄性白血病(CML)の治療法は、薬物療法と移植療法に分けられます。
薬物療法には、分子標的治療薬、化学療法、インターフェロン‐α療法があり、白血病細胞を減少させ、症状を抑える効果があります。移植療法には造血幹細胞移植があり、健康な造血幹細胞を移植して造血機能を回復させます。現在のところ、造血幹細胞移植は、治癒を目指せる唯一の方法です。これらの治療法は、病状に応じて使い分けたり、組み合わせたりします。

はじめて慢性骨髄性白血病(CML)と診断されたとき、病期が慢性期であれば分子標的治療薬を使用します。しかし、分子標的治療薬による副作用やCMLの進行に応じて、異なる分子標的治療薬に替えたり、分子標的治療薬以外の治療法へ変更したりします。

出典:https://ganclass.jp/kind/cml/therapy/

池江璃花子さん、復帰を待っています。

競泳大会だけでなくCMなどでも大活躍し、素敵な笑顔を見せてくれる池江璃花子さん。

池江璃花子さんの活躍や笑顔には多くの人が勇気をもらっていることと思います。

また元気な姿が見れるよう心から祈っています。